限度を守って利用すればカードローンは怖くありません!

以前銀行のカードローンを作ったのですが、ただ持っているというだけで一度も利用したことはありませんでした。高い利息を請求されたり厳しい取立てにあったりするような気がして怖かったからです。私が勤務している会社の同僚の中にもカードローンを使いすぎて困っている人がいました。お金を簡単に引き出すことができるため限度額ギリギリまで使ってしまったようです。返済ができなくなって奥さんと喧嘩をしたという話も聞いていましたので、私はそうなりたくないと思いカードローンは使わないようにしていたのです。

そんな私だったのですが最近になってカードローンを利用するようになりました。子供たちが高校生になったことがきっかけです。私には2人の子供がいるのですがどちらも高校生で運動部に入っています。学校はかなりの強豪校で遠征などが多いため、急に遠征が決まって遠征費用を準備しなければならないことが増えたのです。最初は貯金で対応していたのですが、遠征の機会が多いため僅かな貯金はすべて使い尽くしてしまいました。

とにかく急いでお金を用意する必要があったため、私は以前作ってそのままだったカードローンを利用することにしたのです。実際に使ってみるとカードローンはとても便利なものでした。これならばもっと早く利用すればよかったと今は思っています。もちろん使いすぎに注意して計画的に利用していますので返済に困っているということはありません。カードローンは限度を守って利用すればとても便利で役に立つものですから、みなさんも積極的に活用してみてください。

 

複数の借り入れで返済に困ったら→おまとめローンがおすすめ

Continue Reading

審査を通りにくくする要件について知ろう!

一般的に審査が通りにくいであろうと考えられるラインはもちろん存在します。他社からの借り入れ件数や金額はその一つと言えます。
色々な所から借りているという状態は、いわゆる自転車操業を連想させます。計画的に借りられているのか、ちゃんと返済できるのか、という疑問が生まれても不思議ではありません。

正社員でない場合は、そのことも審査を通りにくくすると考えられます。収入の低さや雇用の不安定さなどから、月々の返済が難しいのではないかと見られてしまうためです。

しかし、もし仮にこうした理由で審査に通らなかったとしても、落胆することはありません。先にも述べた通り、審査基準は会社によって違うため、前の会社では通らなかったが次の会社では通った、ということももちろんあります。自分の持つ条件に適合するような会社を粘り強く探してみてください。

ただし、何度も立て続けに断られるようなら、もう一度自分の置かれた状況についてよく考えてみてください。もしかしたら、お金を借りることで更に危機的な状態に陥ってしまうかもしれないことを、カードローン審査は教えてくれているのかもしれません。

このように、カードローン審査は利用者にとっても会社にとっても必要な制度であると言えます。多重債務や返済不能に陥らないよう、計画的に利用しましょう。

Continue Reading

審査がある理由について知ろう!

私たちが普段、お店で物を買おうと思ったら、必要な物はなんでしょうか。
もちろん、お金ですね。他には何も必要ありません。面倒な書類も、ハンコも、保証人も要りません。お店側が提示した金額さえ持っていけば、無条件に売買契約は成立します。相手は売りたい、こちらは買いたい、なのだから当然と言えば当然ですね。

では、カードローンではなぜ審査という手続きが行われるのでしょうか。審査ですから、落ちた人は契約できません。利益を出そうとしたら出来るだけ多くの人と契約を結んだ方が良いはずですが、わざわざ審査で落とす理由はなんでしょうか。

答えは簡単です。「利子を払えない人は、利益を生み出さない」からです。通常の買い物のような取引と違い、カードローンでは利子を払ってもらえないと利益が出ません。そのため、将来にわたって安定して利子を払い続けることが出来る人を選定するために、カードローン審査が行われるのです。

カードローンの審査基準については各会社でかなり異なるため、一概に言うことは出来ません。どういう人にどういう基準で貸すかを決定する審査基準は金融機関にとって非常に重要な情報、いわば会社の財産ですので、外部から窺い知ることは難しいでしょう。自分で申し込んでみるまで、それを知ることはできません。

Continue Reading

審査の際に注意点しておくべきことについて知ろう!

カードローン審査の際の注意点をあげておきます。
まず、申込の個人情報に間違いはありませんか。個人情報の誤りは、手続きの遅れはもちろん信用にかかわります。申込段階での個人情報は、時間をかけて正確な情報であるかどうか確実にチェックしましょう。

次に、担当者との電話や面会などの対応です。審査では、必ず担当者と電話や面会などでコンタクトをとらなくてはなりませんが、この時に担当者にマイナスイメージを持たれないように気をつけましょう。

電話がかかってきたのに電話に出られなかったり、またかかってくるだろうとそのまま放っておいたりするのはいけません。担当者のマイナスイメージは、そのまま個人の信用の失墜につながります。担当者とのコンタクトには、十分な時間を確保し、配慮して対応するようにしましょう。

カードローンの金利や借り入れ限度額は、利用者によって変動します。これについても担当者から話がありますが、もしもこれらの金額が自分が考えていた金額と大きく違ったら、時には断ることも大切なことです。借り入れ後の返済は、長期間にわたりますから、予想外に高い金利などで無理をすると、後々の返済でとても苦労することになります。長期間の利用を考えた上で、冷静に判断して自分が納得する限度額や金利での利用を心がけましょう。

カードローンの審査には、たくさんのチェック項目が存在します。注意点は上記の点だけではありません。審査のポイントについては、ネット上にも多くの情報が出ていますし、キャッシングの比較サイトもありますから、審査の前によく調べて準備しておくと良いですね。

Continue Reading

審査の仕組みや流れをチェック!

カードローンは銀行やコンビニなどATMで手軽にお金を借りることができるとても便利なものです。この便利なカードローンを利用するには、まずカードローン会社に申込みをしなければいけません。そして、その後のカードローン審査に通過し、契約をすることが必要です。

審査は、申込み時の個人情報の提供と同時に行われます。カードローンの申込みを行うと、担当者による個人情報のチェックがあり、審査が可能かどうかが判断されます。それから、電話や面会による説明の後、利用可能かどうか決定されるのです。利用可能であれば、そのまま契約を交わします。書面の金利や借り入れ限度額などを確認しながら契約を交わします。それらが済んでから、ATMが利用できるカードを手にすることができるのです。

カードローンの審査は、短時間で済むものだと思われるかもしれませんが、実は思った以上に審査の時間は長いのです。それというのは、申込からカードを手にするまでの間が審査の範囲と考えられるからです。申込み時に問題があれば審査には通りませんが、無事に審査に通過した場合でも、契約の時に問題が生じたり、約束の期日に契約ができなくなったりしても、カードローンを手にすることができなくなることがあるのです。

Continue Reading